予備校のCMとしては少し変わった代々木ゼミナールのCMだが、他の予備校のCMはどのような感じなのだろう。

河合塾のCMはBGMにJackson vibeの「桜」を使っている。受験生を花に置き換え、花のつぼみが少しずつ大きくなり最後にはきれいに花が咲く、とてもきれいなCMだ。最後に大きな桜の木が映し出され、「河合で熟す。」というメッセージを伝えている。
代々木ゼミナールのCMは有名大学がたくさん活字として出てくるので、まるで対照的なCMだと思う。

ECC予備校のCMは「エンタの神様」、「なるトモ!」などに出演中の人気タレント犬井ヒロシ(サバンナ)をCMキャラクターに起用している。
犬井ヒロシ(サバンナ)をCMに起用することにより、ECC予備校のさらなる知名度向上と一人ひとりを大切にするECC予備校のコンセプト「一人ひとりに合格力」をアピールしているそうだ。CMでは、犬井ヒロシ(サバンナ)がECC予備校の教室で「合格のブルース」を歌い上げている。ここもまた代々木ゼミナールとは対照的だね。

河合塾やECC予備校のCMは有名アーティストを使いストーリー性を持たせた内容となっている。
代々木ゼミナールのCMはメッセージ性が無く、センスの無いCMと多くの人が評価しているのは少し分かるような気がしる。でも個人的には私は代々木ゼミナールのCMが一番好きだね。


 

Comments are closed.