代々木ゼミナールは「サテライン」という衛星通信方式の講義システムを導入している。
代々木ゼミナールは1989年に衛星通信の利用を開始、4年後に放映チャンネル数を2チャンネル化して以来、チャンネル数を増加させていき、2003年には同時に8つの講義を送信できるデジタル8チャンネル化へ移行し、衛星授業はどんどん躍進した。
現在、代々木ゼミナールの代々木校にはサテラインゼミ撮影教室が9教室あり、そのどの教室にもそれぞれ3台のリモコンカメラが設置し、9つの調整室で全てコントロールしている。教壇で動き回る講師達を受講している受験生の事を常に考えながら撮影している。その授業を上空36000Kmに静止している通信衛星JCSAT-3号衛星を経由し約2.5秒後には全国へリアルタイムにお届けしている。そのおかげで、代々木ゼミナールのサテラインゼミ受講生は自分がまさに今代々木ゼミナールの代々木校の教室にいるような臨場感を味わいながら講義を受講することが可能になるわけだね。
さらに、代々木ゼミナールのサテラインゼミでは「ワイプ手法」という手法を用いている。その「ワイプ手法」とは、前の板書の一部を画面上に残したまま新しく板書された画面を映し出していくもので、サテラインゼミの受講生でも講師の熱い講義を聞きつつ、ノートも最後までしっかり写せるというバックアップも怠ってわない。


 

Comments are closed.